2008年06月27日

紫外線を防ぐ

日も長くなり紫外線を浴びる機会も増えていることでしょう。

1、紫外線を多量に浴びた日は、夜のお手入れで鎮静作用の
  すぐれたローションでほてりを鎮める

  
   ※  ほてりが非常に強い、ブツブツが見られる
      などのカブレの状態になっている場合は
      化粧品をひかえて、水で冷湿布する。

2、メラニンケア(その日浴びた紫外線は、その日の内に対処)
  とともにマッサージパックなど
  血行を促してあげましょう。

3、紫外線を肌表面でカットする。

   ● シモン薬用プロテクトミルク ¥4,725
             SPF22 PA++
     
     紫外線カット・美白・化粧下地機能を併せ
     持つ。
     ハイクラスの保湿と美白エッセンスを配合し
     ノンケミカル(紫外線吸収剤は無使用)なので
     お肌に優しい!

   ● シモンUVプロテクトミルク ¥4,200
     
     日焼け止め効果に重点を置いている。
     ウオータープルーフで水に浸かっても
     はじいてくれる。
     ケミカル配合
     シリカにより、カサつき・ゴワつき・ベタつきが無く
     サラサラ感がある。
     専用クレンジングは必要ない。

ツータイプの日焼け止めを、目的・肌状態に合わせて使えます。
たとえば・・・
この2つを混ぜてご使用になると、乾燥肌でも
ツッパリ感は無いです。

       大変好評なシモン日焼け止め。
             いつもカバンに常備しておくようにしましょう!

2008年06月25日

CO2パック

画像の確認

シモンのシ-オーツーパックとは・・・

肌表面で炭酸ガスを発生させることにより
お肌へより直接的な効果をもたらせてくれる。

肌年齢の老化を防ぎ
ダメージからの回復・保護機能の活性化を行い
キメの整ったより若々しいお肌を作ってくれる。

又、炭酸ガスのお肌への直接効果として
血管の拡張作用・脂肪代謝の促進作用などがあり
お肌のくすみ部分やせ(小顔)効果などが実感できます。


お肌の表面で発生した炭酸ガスにより
内部では、酸素が放出され

  ダメージからの回復
  コラーゲンの合成
  アミノ酸・セラミドなどの細胞間脂質の生成
  ヒアルロン酸などのバリア成分の産出
  などなど・・・

が、スムーズにできることで
健康なお肌が作られる!!

2008年06月21日

お買い得 !! シモン ・ CO2パック

    シモンビューティークリニーク ・ 2008年度
      アニバーサリー商品

   CO2パック(炭酸パック) 6回分 7,560円が
               
     12回分 11,550円  “ 3,570円分 お得!! ”
   
     数量限定なので、お早目にお買い求めください。


ますます蒸し暑くなるにつれ、汚れもたまりやすくなるこの時期、
とても重宝してくれる商品です

汚れや角質などで重くなった肌を脱いで
軽く、明るいお肌でこの夏を過ごして下さい

2008年06月19日

美肌作り(お肌の赤み)

赤み対策のベースは、健康な角質を育てるホームケア

毎日何かしらのお手入れをされていると思いますが
果たして間違ったスキンケアになっていないのか、
そのお手入れが自分に合っているのか・・・それは
非常に大きな問題です!

今日のお肌のお手入れ = 3ヵ月後の角質作り(新陳代謝が正常な場合)
となるので、一時も早い適切なホームケアを見つけましょう!!

同じ赤みでも
小鼻の周辺にできるもの―かさぶたのようなものを伴っている―は
以前紹介した、シモンのクレンジングを1ヶ月続けていただくことで
その変化を実感できるのでは。

表面の汚れや角質ばかりを取って
肝心の毛穴に詰まった奥の汚れをクレンジングで落としきれていないことに
起因することが多いからです。

今日もまた、明日の美肌作りに励みましょう ☆ ☆ ☆

2008年06月17日

美肌作り(お肌の赤み)


様々なトラブルやニキビなどの炎症を経たお肌の角質層は、壊されて
部分的にとても過敏な箇所に変質しています。

ダメージや異物の侵入、あるいは物理的な刺激に
過剰に反応しやすくなっています。

赤くなるのはこの刺激にびっくりし、それに対処する備えの為
毛細血管を拡張させて細胞組織内に血液を少し溢れさせるのです。

このように過敏になったお肌は
少しばかりの刺激でも、強い刺激と受け止めるので
いたわるようにお肌を扱ってあげる必要が有ります


―――過敏な毛細血管を守るには―――

   紫外線を完全に防御すること

   乾燥させないこと

   お肌をこするような刺激を与えない

   冷気によるダメージを受けないこと
      ・
      ・
      ・
   などが上げられます

2008年06月13日

美肌作り (お肌の赤み)

肌が赤く見えるのは、表面に近い毛細血管が関係しています。

毛細血管はごく細い管でできていて
精神的な刺激寒さ暑さなどの環境の変化物理的な刺激などに対して
血流は影響を受けやすくなっています。

影響を与える大きな原因のひとつに
表皮の衰えが上げられます

本来、外的刺激からお肌を守る役割のバリア機能が衰え
皮膚表面に近い毛細血管に直接、刺激や衝撃が伝わってしまう。
それにより毛細血管が拡張し、赤く見えます。

拡張した血管は、健康なら又元に戻りますが、弱っている場合は拡張したまま
変化しなくなってしまい、血液が滞留して赤みが出ます。

毛細血管が収縮拡張を繰り返す本来の状態になるには
それなりの時間がかかります。

2008年06月12日

美肌作り

今日から梅雨の中休みが続くようです。

湿度が高いのに陽射しが厳しいとなると、不快指数は一気に上昇!

クーラーで涼むことも多くなる。

そこで問題になるのがお肌の乾燥です。

冬に比べて意外と夏の方が、お肌の乾燥を訴える女性が多いんですよ。

水分不足で乾燥していても、汗や脂のせいでツッパッた感じがなく
自分自身気づかないでいる場合もあります。

だけど、きちっとケアをしておかないと
秋口、あわてることになりますよ!

毎日、1分間でもいいのでコットンなどで化粧水パックを続けましょう!!
お肌の弾力やハリが甦ってキメが整うので
毛穴が広がりやすく、メイクが崩れやす夏場でも
メイクノリが良いですよ

2008年06月10日

気になるお肌の毛穴

 【角質の取りすぎによる悪影響】

 お肌のザラつきが気になると、ついついやりすぎてしまう
 スクラブ洗顔に角質取りパック

 続けているとますます毛穴を広げてしまう結果に

 角質を取る前に、
 まずは健康なお肌に戻さないと!!


             《基本お手入れ》

  1つ、クレンジングはたっぷりめを手に取り
      メイクやお肌になじませて汚れを浮き上がらせる
      ( ※ メイクしていない日でも、毎日クレンジングする)

  2つ、洗顔はネット等でしっかり洗顔剤を泡立ててから包み込む
      ように洗う
      ゴシゴシせずに、小鼻やあごは指先を使って丁寧に洗う
  
  3つ、化粧水や美容液をお肌にしっかり入れ込み
      クリームでフタをする


 表皮の細胞は、基底層で作られてから約4週間で垢として
 肌の表面から剥がれていくもの

 このサイクルが崩れると、お肌が薄くなったりぶ厚くなったりする
のですが,お肌は薄くても厚くても
 水分不足に陥って乾燥してしまいます


 角質層が正常に整って、十分に潤った状態
 あれば,毛穴は目立たなくなるものです

2008年06月09日

気になるお肌の毛穴 2

【角質の取りすぎによる悪影響】

毛穴が目立つ、黒ずんで汚れがこびりついてい見える・・・

―――そこで次にとる手段は?
というと多くの方は、古い角質を取り除いてキレイなお肌にしようとしてしまいがち

一度ならきれいになったように見えても、回数を重ねると取り返しのつかないお肌に!

お肌の1番上の角質層は、外からの刺激を防ぐ大切なバリア機能の役目があるのです
だからまだ下に、正常な細胞が形成されていないのに
無理に角質を取ってしまうと、お肌は急いで次の角質層を作ろうします
すると十分な時間も無いので、未熟な水分の少ないもろいものが出来上がるのです

未熟せ細った角質乾燥しやすくもろいためにすぐはがれる
細胞の並びも不揃いで、キメも粗く、乾きやすくて毛穴はますます広がる
だからまた、角質を取る・・・という悪循環に陥る


この悪いサイクルを続けるとお肌はきれいになるどころかますます
どんどん敏感になり、弱っていくことになります

2008年06月05日

気になるお肌の毛穴

【目立つ毛穴の広がり、黒ずみ】

毛穴が目立つキメの荒さが目につく、黒ずんでいる、と
悩む女性はけっこう多い!

毛穴が目立つ原因

  ▽ 皮脂の分泌量が多く、こびりついた皮脂が毛穴を広げて
     白っぽく、あるいは酸化して黒っぽく見える

  ▽ お肌が乾燥すると、ハリや弾力が失われるので
     引力に負けて皮膚が下に引っ張られ、毛穴も広がる

 
 ※ 毛穴付近の角質が固く縮んでいると、毛穴が大きく黒っぽく
    見えます
    それは、周囲の酸化した皮脂やお化粧品がこびりついてしまい
    毛穴を黒っぽく見せ、しかも普通の洗顔では落ちない
    しつこい汚れになっていく

    だから、毛穴周囲の角質が、たっぷり水分を含んだ健康な状態だと
        汚れもつきにくく、毛穴は小さく閉じたままです!!


気になるお肌の毛穴の続きを読む

2008年06月02日

SIMONマンスリー

【6月のシモンビューティークリニーク】

これから蒸し暑く湿度の多い日が増えてきます。
お肌は気温や湿度に敏感に反応してしまうので
気温が上がれば皮脂が増えて“ベタつき肌”に。

そのベタつきが、外気のチリホコリを吸い付けて、しつこい汚れに。

“汚れを吸着するベタつき肌” ―――そ・こ・で
いつもにも増してクレンジングを徹底する必要があります!


SIMONマンスリーの続きを読む