2008年09月18日

秋口のお手入れ

〈観察結果〉

④ かさつきが出てくる、キメの粗さや毛穴が
   目立ってくる
   というお肌は・・・
     かさついている部分は角質が次々と
     はがれている状態です。それを補う為に
     次々生まれている細胞はまだ未熟なので
     すぐに痛んで剥がれ落ちていく悪循環に
     なっている状態です。
  
   一方毛穴が目立つ、キメが粗い部分は
     比較的皮脂分泌機能に恵まれていて
     守れているだけで、同じように角質が
     作られ、剥がれていくテンポが速くなって
     いる状態です。
       ↓
   ● 毛穴の汚れが完全でない場合がある
      ので、クレンジング剤選びに気をつける。

   ● 洗顔料は強過ぎず、角質を取り過ぎる
      ようなことはしない

   ● 十分な水分補給で角質作りに重点を
      おいたケアを心がける。

以上、WELNESS健やかセミナーより参照

2008年09月17日

秋口のお手入れ

遅くなりましたが・・・

〈お肌の観察結果)の続きです。

③ 乾きが早く、乾くと硬くなる
   というお肌は・・・

     これは程度の問題であり、つっぱり感の程度に
     比例します。
     しかし、カサつくところまで到っていないのは
     救いです。
         ↓
    ● 角質を痛めていなかったか or 角質の
       はがれを促進していなかったかの2点を
       中心にいつものケアや生活習慣、肌環境
       を振り返ってみて、改善点を見つける。

2008年09月11日

秋口のお手入れ

    <お肌の観察結果>

 ① つっぱり感がとても強い
    ヒリヒリ・ピリピリと刺激を感じる
   というお肌は・・・
     角質層がかなり荒れています。
     ターンオーバーの周期が早くなって、角質が
     未完成なのにはがれていっている状態。
     だから角質に保湿力が無く、バリアー機能も低下。
        ↓
    ● ゴシゴシ洗顔やタオルドライなど
       お肌を擦るような事は絶対しない。
    ● 紫外線など外的刺激からお肌を守る。
    ● ローションパックなど、保湿ケアを
       朝晩プラスする。 

 
 ②  少しだけつっぱり感がある
     というお肌は・・・
       お肌から水分が逃げていくスピードが
       早いほどつっぱり感が大きく感じるので
       それほど感じないのであれば
       保湿力がある程度備わっている状態です。
          ↓
      ● 健康なお肌でも多少つっぱったりするので
         心配しなくていいでしょう。
      ● ただ、ちょっとした油断や間違ったケアを
         続けると、トラブルが現れ進行していくので
         気をつけましょう。

2008年09月10日

秋口のお手入れ

洗顔後のお肌を観察しましょう!

朝晩はもう、秋の気配を感じるこの頃
自分のお肌を観察してその状態を知り
本格的な乾燥シーズンに入る前に
肌コンディションを整えておきましょう!

今のうちにお肌のコンディションを整えておかないと
冬に入ってから回復しようとしても手遅れです。

そこで
洗顔の後、どの部分どれくらいつっぱるか、カサついてくるか
角質の状態を良く把握し、今必要なホームケアの方針を立てます。

 1・洗顔後、何もつけずに30分間そのまま放置して観察する

 2・つっぱり感を感じる場合は、肌が乾いていく過程で時々
   指先で肌に触れながら、乾きの早い部分
   次第に肌の硬さを感じる部分
   毛穴が目立ってきたように感じる部分
   次第にカサついてきた部分をチェック。

  そしていつものスキンケアを。
   

   【注意点】
  
   ※ かなりつっぱるようならすぐに観察を中止し
     十分な保湿ケアを。

   ※ それ以外にヒリヒリしたり、ピリピリと強く刺激を感じたときも
      すぐに中止し、絶対に肌に大きな負担をかけない。